HERO-HERO企画!こちら。で国境なき医師団に募金をお願いします!

2007年05月03日

卒研怖い。

:


普通の大学や他の高専の卒研がどんなものかは知らないけれど、
ウチの場合担当教官(H先生)は学生にあまり関与しない。(どこでもそうなのだろうか)

先生が出てくるのは週1回の一週間の研究成果発表プレゼンの指摘と、必要機材や資料を貸してもらいたいときぐらい。
だからといって何もしないでおくとプレゼンで言うことが無くなって醜態をさらす羽目になる。

しかも、プレゼン時ではかなり細かい指摘をしてくる。先週、自分なりに考えた案を発表すると、H先生にボコボコにされてしまった。

くやしいので 先生を黙らせるような成果を上げたい。(←自分でもそれは不可能に近いのはわかってるけど)
今、ー50〜50Vスイープ回路の政策という課題が与えられているのだけれど、その方法として 「PIC+増幅器で実現」案 と 「可変抵抗ダイヤルをモーターで回す」案 が出ている。
俺らの班はそれぞれ二つに分かれ、再来週までに現実的な成果を上げなければならない。

そのため、C言語でのPICプログラムの製作をすることになった。
案を出した段階では、簡単にできるだろうと思っていたけれど PICプログラムの製作環境構築だけで今日の卒研の時間をつぶしてしまった。

しかもプログラミングの方法を先生に聞くと「Webでしらべて」といきなりの放置プレイ。 これはまずい・・・・
posted by Griffin at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。